« 生ける伝説と未来の伝説たち | トップページ | 未来をかたろう全国子ども環境フォーラム »

被災地から復興地へ

Dsc_0149
東北の被災地は復興地へ変わっていく。
しかし、その風景は復興への途中とはいえ、寂しさもある。
ガレキは片付いたが、更地になり草の生えた景色が広がる。


当時の水浜
Dsc_0528


浜には船が戻り、海も美しさを取り戻し始めた。
Dsc_0172


分浜集落
Dsc_0605


1、2軒を残し集落がなくなった。
Dsc_0183


そんな中でも、地域の人の暮らしと復興は続く。
Dsc_0204

高台移転の予定が立ったある地域の一コマ。12軒の高台移転。規模は小さいがこの小ささが未来暮らしの形の一つだと思う。この集落のスタイルは一つのよい事例になるかもしれない。

ようやく移転についてなど市への要望などを伝えられる時期になったという。しかし、中心部の大きな規模の地域の対応におわれ郡部までの対応が行き届かない様子であった。

でもあせらずに地元の思いをかなえて行きたいと語ってくれた。目標が見えたときの人の目の輝きは違う。更地になった地域に希望のまなざし。地元に子どもはいなくなったけど、いろんな所から子どもが遊びに来る海水浴場にしたい。地域には子どもの声が必要だといっていた。

これからが復興地の正念場だと思う。
風化の夏にならないように。

東北の復興のあり方が、日本の未来の在り方につながるはずだ。

|
|

« 生ける伝説と未来の伝説たち | トップページ | 未来をかたろう全国子ども環境フォーラム »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1131685/46990818

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地から復興地へ:

« 生ける伝説と未来の伝説たち | トップページ | 未来をかたろう全国子ども環境フォーラム »