« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

大川小学校

http://blog.canpan.info/riogrande/archive/99

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

6月30日森のようちえんその2

6月30日森のようちえんその2
6月30日森のようちえんその2
6月30日森のようちえんその2
6月30日森のようちえんその2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

6月30日森のようちえん

6月30日森のようちえん
6月30日森のようちえん
6月30日森のようちえん
6月30日森のようちえん
ワンもニャンも森のようちえん。子どもが逹が来る前に、下見しておきます。ワンニャン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

玄関イコール車庫?

玄関イコール車庫?
リオグランデでミーティングをしていると「中山さんサッカーやろうぜ!!」の言葉とともに玄関に自転車で突っ込んでくる子どもたち。子どもの勢いは素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DRT@くりこま高原自然学校

災害救援トレーニング(DRT)@くりこま高原自然学校開催しました。講師は黒澤さん。

http://blog.canpan.info/coco/(黒さんブログ必見です)

はじめは、最も大切な、民間の災害ボランティアの哲学。緊急救援期、特に発災後72時間以内に何故民間人による人命救助が必要なのか。

そこで、チェーンソーや大工道具などがどのように役立つのかなどをレクチャーしていただきました。

DRT@くりこま高原自然学校

本日のメインはチェーンソーの技術講習。わかりやすく丁寧な講義が続きます。

DRT@くりこま高原自然学校

この日は女性も多く参加。
DRT@くりこま高原自然学校
小型重機も被災地では活躍します。

DRT@くりこま高原自然学校

自然学校スタッフは災害時に現場のボランティアコーディネーターを担ってほしい、そんな思いで開催。

一度、体験したり、どんなことが現場でできるか知っていると、たとえ自分で動力機械や重機が使えなくても、被災者のニーズとニーズを解決できる人材をつなぐことができるコーディネートはできるはず。

DRT@くりこま高原自然学校

自然学校にとっても、スタッフみんなで共有体験ができた実り多い一日でした。

黒澤さんありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

リオグランデ石窯作りその4

リオグランデ石窯作り、本日はメインのドーム製作。

いつもの親方&弟子のアニキ、ゴリちゃんに加え、今日は「ふんばろう東日本プロジェクト」と柏市のNPO法人和魂(わごこころ)さんの参加もありました。

リオグランデ石窯作りその4

みごとなドームを形成しています。
リオグランデ石窯作りその4

この日子ども達は、作って遊ぼうの「わくわく」さんがいらっしゃり、大盛り上がり!!

つないでいただいた「スイートトリート」さんありがとうございました。

子どもの歓声をよそに、大人は石窯で作って遊ぼう!!見事に石窯完成!!

おいしいパンやピザ地域交流だ!!
リオグランデ石窯作りその4

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひさびさのガンダム

ひさびさのガンダム
ひさびさのガンダム
ひさびさのガンダム
中学生になり忙しくなってしまった子どもたちのカラーリング待ちのガンダムがついに塗られました。ガンダム像を作りたいと言った本人も加わり色塗りしました。
このガンダムも様々なボランティアさんが関わってできただけに、感無量です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リオグランデ石窯作りその3

リオグランデ石窯つくり、24日のみんなの家作りにむけて、本日も下準備です。

今日の目標は、窯のアーチの手前まで。梅雨の大事な晴れ間、さあ頑張っていきましょう。

まずは、石を運ぶ。RQ河北からの伝統なのか?基本はいつも人力で勝負!!

リオグランデ石窯作りその3

リオグランデ石窯作りその3
リオグランデ石窯作りその3
無事に目標までできました。

本日もお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

石窯基礎作りその2

石窯基礎作りその2

男たちの昼食、一人弁当2人前は標準装備。
石窯基礎作りその2

アニキに弟子入りしたゴリちゃん。このあとコンクリートを10船練ることになる(汗)
石窯基礎作りその2

仮説支援から帰ってきた、中山氏アンドまきばメンバー、子どもたちが使うバスケットゴール組立に苦戦。
石窯基礎作りその2

ご近所のおじいさん、若かりし日の話に花が咲く。昔の人は何でもやったのだ

。馬を操り林業を行っていたおじいさんの話に夢中になる私塚原。その横ではゴリちゃんがコンクリートを練り続ける。ファイト!!若者!!

ちなみに写真の女性はリオを切り盛りする奇跡の人OCEAN LIVE氏

石窯基礎作りその2

コンクリート練りが板についてきたゴリちゃん。
このあと無事に基礎うちは終了。

去年の今頃は瓦礫の片づけや泥出しなどに汗をかいた日々、そのとき培ったスコップワークがじょじょにクリエイティブな作業へと転換していく。

24日のみんなの家つくり石窯つくりWSへむけて下準備はつづく。

あにき、ゴリちゃんお疲れ様でした。

バスケットゴールチームはあえなくタイムアップ!!

まきばチームもお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リオグランデ石窯ワークその1

リオグランデ石窯ワークその1
リオグランデ石窯作り。まきばワークスの整地した場所を、栗駒チームが引き継ぎ!!見るからにやりそうな二人。見た目はゴツイが、心はソフト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

岩手・宮城内陸地震四周年追悼式@耕英地区

岩手・宮城内陸地震四周年追悼式@耕英地区
岩手・宮城内陸地震四周年追悼式@耕英地区
岩手・宮城内陸地震四周年追悼式@耕英地区

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1980年生まれのつぶやき

20年前、同い年のセバン鈴木さんは言いました。「直し方の分からないものをこれ以上壊すのはやめてください」そして、20年前の大人たちは私たち小中学生に言いました。「我々の人生はもう長くない、これからは君たちの時代だから、未来の地球は君たちの行動に掛かっている。」それから20年後いま日本中の自然学校で経験を積んだ30代40代の仲間が自然の中で持続可能な暮らしを目指しています。静岡で屋久島で葛巻で美山で郡上で北海道で日本各地で、本当にたくさんの尊敬すべき仲間たちが頑張って暮しています。

畑を耕し、廃材を利用し、薪を使い、猟師になり、自然の循環と人間の文化の折り合いをつけながら循環する暮らしをしています。

私が彼女のスピーチを知ったのは、多分大人になってからだったと思う。彼女と同じ思いを持った同世代が少しずつだが確実に持続可能な暮らしを実現すべく実践している。

我々当時の小中学生は、考えて行動している。

しかし、総理よ人が住めない町をつくる施設をまだ動かすのか?国民の生活を守るためという詭弁で直し方が分からない以上に「直せないもの、直らないもの」生み出す施設をまた動かそうとしている。原発からもっとも遠い持続可能な循環型の暮らしを目指す人の暮らしを奪う目に見えない脅威を振り撒くのか。

もう原発はいらない。

それでも暮らしは続いていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

6月10日リオグランデ

6月10日リオグランデ
6月10日リオグランデ
6月10日リオグランデ
6月10日リオグランデ
6月10日リオグランデ
本日は釣り体験の予定があいにくの雨。午前中は草木染めと竹で空気鉄砲作りをしました。里山の資源と暮らしのなかで出る資源を使ってものづくり。午後は雨が上がってきたので、ザリガニ釣りへ、天気がわるく今日はザリガニ釣りで我慢。しかもザリガニも釣れませんでした。こんな日もあるよね!!そうこうしていると、4月末にリオグランデで作った焼き物が完成して、三輪田窯さんが届けに来てくれました。リオグランデ皿我ながらお見事(拍手)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

森からの使者

森からの使者
森からの使者
森からの使者
森からの使者
今年も来ましたモリアオガエル!!
自然学校には、JEEF5期生時代に中山氏(当時ルパン)が八年前に名付けた森緑環畑(モリアオガエルバタケ)があります。中山氏が移植したタニウツギとドウダンツツジの生け垣も大きくなったなあ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花巻農業高校鹿踊り

花巻農業高校鹿踊り
五十年の歴史、花巻農業高校鹿踊り部の演舞@ネイチャーゲーム全国研究大会

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »