« 第一回子どもまちづくりクラブ報告会 | トップページ | 栗駒山観光も復興はこれから »

その人は・・・

その人は・・・

その人は68歳

その人は原付バイクで9時間かけて被災地へやってくる。

一家の長男で、20歳で家を飛び出した。ブラジルで20年開拓をした。実家は弟に継いでもらった。そして弟さんが今回の津波にあわれたそうです(命は無事)。本当なら自分が家を継いでいて、津波にあうはずだった。だから、申し訳なさもあり、地域の復興に関るためにやってきた。

そして、やってきた被災地では、多くのボランティアが活動していた。それをみたその人は、財産をはたいてトラックを買ったそうです。この地域でひとりでも戻って立ち上がろうとする人がいるならその人のために自分はボランティアをする。残りの人生全財産をはたいてもふるさとを復興させたいと思っている。

仕事をしていて何よりも楽しいのは、金をもうけることよりも、人材が育つことだといっていた。

現地で活動する若いボランティアを平成の志士と呼んでいた。

150センチほどの小柄な体で、180センチ近いわれら30代よりも、動き働くその人に心打たれました。

被災地にあるそれぞれの物語。

|
|

« 第一回子どもまちづくりクラブ報告会 | トップページ | 栗駒山観光も復興はこれから »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1131685/41504705

この記事へのトラックバック一覧です: その人は・・・:

« 第一回子どもまちづくりクラブ報告会 | トップページ | 栗駒山観光も復興はこれから »