« 1ヶ月ぶりの | トップページ | 「仮設住宅における住民自治コミュニティづくり」 »

RQ河北ボランティアセンター泊

夏のキャンプが終わり、1ヶ月ぶりのRQ河北ボラセン。7月1日に公民館から古民家に引っ越してから宿泊するのは実は始めだと気付きました。

4月1日に、たった3人(私と文教学生2人)で福地の公民館の夜からスタートしたこの拠点も人と人とのつながりで、はや5ヶ月が経ちます。何百人のボランティアさんが宿泊したのだろう。私はこの一ヶ月はまったく来れなかったので、会えなかった人も沢山います。長期で関ってくれている人、週末の貴重な休みを利用して来てくれる方、何度も訪れてくれるリピーターさんいろんな人のかかわりで成り立っているRQ河北ボラセンです。

そして、何よりも感謝を伝えたいのは、私たちの活動を理解してくれ施設を利用させていただいている地域のみなさんです。

そんな思いを感じ、そしてこれからの活動を考えながら今晩は休みます。

|
|

« 1ヶ月ぶりの | トップページ | 「仮設住宅における住民自治コミュニティづくり」 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

キャンプの件では人伝とはいえ意図せぬ内容が伝わり不快な思いをさせてしまい申し訳なかったです。

投稿: コーノ | 2011年8月29日 (月) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1131685/41358277

この記事へのトラックバック一覧です: RQ河北ボランティアセンター泊:

« 1ヶ月ぶりの | トップページ | 「仮設住宅における住民自治コミュニティづくり」 »