« 足跡(そくせき) | トップページ | サンキューそのこ »

被災から3年目の栗駒より

昨日今日と石巻から栗駒へ戻り、スタッフトレーニングや会議をしました。

昨日はイワカガミ平へ行って、私にとって今シーズンは最後となるであろうテレマークスキーにスタッフと新人実習生の3人で行ってきた。スキーの後は、暮らしや仕事で使うロープワーク講習です。自然で暮らすにはロープワークが欠かせません。そして、被災地での災害支援でもロープワークは活躍します。

話は変わりますが、栗駒は平成20年6月14日に岩手宮城内陸地震で被災をしました。

今年は被災から3年目で地域の観光施設も今年こそはと意気込んでいたさなかの、東日本大震災!!耕英のGWは観光客もすくなく、観光施設の方は頭を抱えています。

耕英地区は6月20日ころから世界谷地という湿原がニッコウキスゲに一面覆われ、天国のような花畑になります。また、栗駒のブナノ森をトレッキングするのもおすすめです。

7月は花の100名山として、秋(10月上旬)には錦絵のような紅葉でにぎわう栗駒山登山も魅力的です。

東日本大震災の被災地支援を行いながら、自分が暮らす栗駒耕英地区の復興も大切な時期となってきました。

全国の皆さん!!沿岸部のボランティアはもちろん、山間部(栗駒、鳴子、花山、一関などなど)の観光客として東北へ訪れることお待ちしています。

栗駒山へお越しの際は、耕英地区の宿泊施設をよろしくお願いします。

|
|

« 足跡(そくせき) | トップページ | サンキューそのこ »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1131685/39938634

この記事へのトラックバック一覧です: 被災から3年目の栗駒より:

« 足跡(そくせき) | トップページ | サンキューそのこ »