« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

栗駒へそ大根

冬の風物詩へそ大根作り。

輪切りにして茹でた大根を竹に刺して乾燥させ、保存食にします。5月頃は野菜もなく食べるものに困るので、だいじな食料です。なまでたべるより、もどして煮物などでたべると味が良く染みてたいへんおししいです。

栗駒へそ大根

作り方

①皮を剥いて輪切りにした大根を茹でる。

②水で冷して、竹に刺す。

③下の写真のように軒下で干す。

④冬の寒さで夜は凍り、日中風と日光で乾燥します。凍結と乾燥を繰り返すうちに、大根の水分がなくなり干し大根(へそ大根)が出来上がります。

ポイント、夜間に凍結する季節がきたら行います(栗駒の町では今頃、耕英では12月ころでもOK)。雨には当てないほうがよい(カビるから)、竹は冬にとりましょう(虫がわきにくい)と栗駒のおかあさんから習いました。

ほされた大根がとてもきれいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

昼の散歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

くずまきスノーワンダーランド2 010

最後の子牛のお世話
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明日の準備

明日からネイチャーゲーム協会主催の自然体験指導者養成講座が耕英地区のくりこま高原自然学校で開催される。今日はそのための準備で耕英へ行った。ここ数日山へ上がっているが、雪は年々湿り気を増し重たくなります。
そして、大晦日から4日ころまで降り積もった雪は120センチ!!
その後の天気で雪は減ったりもしましたが、その間に屋根から落ちた雪の重みで煙突の支柱が曲がったり、プレハブオフィスの壁がやぶれて穴が開いたりと大変です。
ですが、そんな中で暮らすくりこま高原自然学校住民はたくましくなります。
みなさんも雪かきをしに遊びにきませんか、白銀の世界で労働した後、スノーシューやテレマークスキーで森へ出かけたり、薪ストーブでコーヒー飲んだり、遊びに着たい方はご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »