« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

何を書こうか考える

今日は何か書くことはあるかな?今くりこま高原自然学校で行なっている、冒険塾というキャンプについて・教育について・冬の暮らしについて・北上川自然学校について・何について書くか考えているというブログでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

浄土ヶ浜

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

浜ラーメン

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

閉伊川大学校わくわく自然塾

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夜がおさかん!?

本日、盛岡にあるアイーナで行われた。アイーナ夜学に参加してきました。http://eco.soc.or.jp/kanpai/yagaku/syoukai.html

スピーカーは松本英輝さんhttp://www.miyazaki-catv.ne.jp/~ecohideki/

素敵な写真と語り。90分のスライド世界一周旅行、たいへん面白くそして深く世界の環境問題が学べました。

今日印象に残ったのは、ドイツの環境首都の話。ドイツでは議会が夜に解されるので、学生や社会人が公聴できます。市民からの意見や質問も1週間後には回答されます。

日本では、議会は平日の昼間・・・だれも聞きにには行けません。ということで日本では市民を締め出したところで市民の暮らしが決められていく。おかしくないですかこれ?

ハイデルベルグ、フライブルグ見事に民意が反映され、環境首都を実現しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

荒砥沢ダム

今日の河北新報の記事に荒砥沢ダムの住民見学会の記事があった。http://www.kahoku.co.jp/news/2009/12/20091215t13024.htm

私は、地すべり跡地を保存する意見に賛成です。新しい自然地形、防災教育、環境教育、ニューツーリズムなどいろいろなことに市民が利用できる。

その地に住み被災しながらも、新しい資源を活かそうとする人の意見が検討されず、そこに住んでいないと思われる人の意見で、住民との議論も不充分のままさまざまな事が進んでいるような気がする。私も主体的に地域に生きようとする1人として色んなことを勉強し、行動しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

みやぎグリーンツーリズム栗原大会

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »